デザイナーズ賃貸とは

おしゃれな賃貸物件

賃貸物件を探している女性の中にはデザイナーズ賃貸を優先的に探している方も多いです。
デザイナーズ賃貸とは、建物を設計する建築家がコンセプトを明確にして設計された賃貸物件のことで、外観だけでなく室内がとてもおしゃれでスタイリッシュなのが大きな特徴です。
通常の賃貸物件に比べると明らかにおしゃれな印象を受けることができ、快適な生活空間を求めている方のニーズにも応えることができます。
建築家のコンセプトによって全く異なる印象があるので、同じ予算内でも室内環境が全然違う場合が多いです。
デザイナーズ賃貸を探す際にはいくつかのポイントを抑えて選んでみましょう。

家賃は高い?

デザイナーズの特徴として、同じ地域の相場と比較しても家賃が高い傾向があります。
家賃が高い理由として考えられるのは、賃貸物件を設計した建築家のネームバリューも大いに関係があります。
業界でも有名な建築家が手がけた建物は、付加価値が付いているため設計料金も高くなるため、建築費用が通常よりも割高になっています。
設計料だけでなく、こだわりの材料を使用している場合も多く、建築の際にも通常よりも複雑な構造をしているほどコストが高くなります。
このような理由からデザイナーズ物件は基本的に通常の相場より1~2割は高くなると考えられます。
収入とのバランスをよく考えて、自分に見合った物件なのか確認してください。

使いやすさを考える

デザイナーズ物件の中には本当に住環境を考えているのだろうか?と思えるような奇抜なデザインの建物も存在しています。
どちらかというと建物のオーナーが「他とは違った変わった建物にして欲しい」と希望して、珍しいデザインに設計される場合が多いようです。
確かに他にはない珍しい室内でも、実際に生活してみるとあまりにも不便で使いにくいと感じられる場合があります。
デザイナーズならどこでも良いと決めてしまうのではなく、必ず内覧させてもらって使いやすさを見極めるようにしてください。

実際に家具や家電を設置してみなければ使いやすさが実感できない場合もあります。
デザイナーズ物件の中にはユーザーの使いやすさをきちんと考慮して設計している場合もありますが、デザイン重視になって使い勝手が悪い場合もあります。
室内になにもない状態ではとても良く見えたのに、いざ生活を始めてみると不便で仕方がないと不満を訴える方もいます。
できれば内覧をさせてもらった時点で家具や家電を配置する場所をあらかじめシュミレーションして、サイズを確認させてもらいましょう。
これから購入する場合はサイズに合ったものを購入するようにして、既に手持ちのものを設置したい場合はきちんと収まるかどうか確認するようにしましょう。